このコロナの流れの中で、イライラしてしまう人へ

ワーク

このコロナの流れの中で、イライラしてしまう人へ

はいどうも今晩和。
えーこれは2020年の猫も杓子もコロナコロナ言ってる、ウィルスがそりゃもう跋扈している4月、
国が緊急事態宣言を発令した7日から初めての日曜日
に書いています。

ちょっと感染者数が減退したかなーと思いきや、ここ連日トトンと増え続け、まさに色んな意味でFEVER状態。

皆様同お過ごしでしょうか。
2月末から世界的にコロナにちょっとずつ侵食され、大分世界的には消耗戦になってます。
今とても良くない状況にあることにお気づきだろうか。

コロナから与えられる不安によって駆り立てられる負のスパイラル

お気づきの方も多いかと思いますが、現状世の中はあまりいい状態にありません。

何故か。
それは、各々が自分に余裕がなくなって、その結果人に気を遣えなくなったり、優しさが減ったりしてしまうわけ。そうなると、優しくない対応をされた人たちは、他の人達にも優しくない対応をしてしまう。となったら、世界はだいたい優しくなくなる。

世界はいま負の感情に満ちている

それはもう、悪意と言っていいくらいの感情に満ち溢れている・・・と思いません?
ちなみにおそらくここに来ている人たちは、そういう事を改善しようと思っている人たちだろうし、自分がそういった感情や行動に飲み込まれたくないと思った人たちだと思います。

巷では・・・とは言っても悲しいかな地域差が大きいと思うけど。
↓みたいなことになってる、と。

・薬局で「マスクがありません」と張り紙があるのに店員に聞く、ない場合は怒鳴り散らす
・看護師さんをコロナウィルス扱いして差別する
・必要以上に大勢の人が必要としているものを買い占しめる
・自分たちが危険だから、と若者を区別する老害

・・・エトセトラエトセトラ

本当にさっさと土に還ったほうがいい、と思うけれど、
実は我々も明日は我が身・・・かもしれない状況。何故かというと、
そういう人たちは往々にして自分が弱い事からそういう行動に出てしまう、と。

普段の生活のときは、多少の余裕があるからまだ人間の姿を保ってられるけど、少しでも余裕がなくなると平然と化けの皮が剥がれて人間の体裁が保てなくなる。

普段からそういう人たちは、もう多分人外・・・
・・・とりあえずよくわからん有機体だと思うんだけど、まあそんな人外にならないために、
何故今自分が不安にかられているのか、どうしたら平穏でいられるのかっていうことを認識しておく必要があると思いません?

ってわけで、不安解決のワーク有り〼

汝の隣人を愛せよ・・・じゃあないけど、
いやそこまでせよとは言わない。
でも、とりあえず親しい人同士が信じて手を取り合わないと、
この状況は打開できないと思うんですよね・・・

といったわけで、心の平穏を保つためには、自分が抱えている不安を解明して向き合うことが大事。
↓のページで自分の不安を解決するためのワークを解説しているので、ぜひぜひ覗いていってくださいませ。

自分自身と向き合う、不安を解決するためのワーク

あと、最近新たに実感した簡単な自分との向き合い方を一つオススメ。

まず簡単に自分と向き合う方法

それは・・・「日記を書く」です。
自分の今を客観的に書いて向き合ってみることによって、
自分がどんなことをしているのかよく見えて、それによって振り返りができます。
※個人実証済み←

ってことで、せめて近隣住民を愛しましょう

本当にこのままじゃ精神的な消耗戦になりかねない・・・というかもう若干その体そうをなしてきているので、少しでも自分の平穏を保って、周りの人に優しくしていきましょう。
それが少しでも広がっていけば、世界はもうちょっと生きやすくなると思います。

こんな時期でも。

ではでは、また次のワークかpostで!

ms-gkでした。

ciao!